日本の水質をきれいに保ち、手肌の負担も軽減する洗剤の企画・販売 カバー写真

プロジェクト実施団体

  • 団体名称
  • 代表者氏名
    飯渕 弘成
    飯渕 弘成 代表者写真
    当事業所は、天然素材を主に使用し、環境負荷の少ない洗剤(食器洗い・お掃除用)や敏感肌や乾燥肌に悩む方向けのスキンケアブランド「Natura Check」(日本名:ナチュラチェック)の企画開発・販売を行っております。 ~川をきれいに保つためにできること~ これを念頭に洗剤を作り続けていきたいと思います。 ぜひ応援の程、お願い申し上げます。
  • 活動流域
    荒川流域

このプロジェクトのサポーターになって活動を支援しよう!

目標額

100,000

達成率

103 %

期限

2019/01/20

支援する

このプロジェクトは期限までに目標金額以上集まった場合のみ、決済が実行されます

環境を考える、製品開発家

はじめまして、GOプランニングの飯渕と申します。
私は昨年起業をしました。その小さな事務所を構える東京都墨田区には、隅田川が流れています。
・・・しかし残念ながら、人々がその汚さに閉口するような川なのです。

近所の方からは、「洗濯物にいやなニオイがついてしまうほど汚い」という話も聞きました。
付近を歩いていても、いつも川のいやなニオイが立ち込めています。ある人は「川付近を歩きたくない」と言い、またある人は「ドブ川」と呼びます。

この汚さ、なんとかならないものかなぁ・・・。こんなことを日々頭の片隅で考えながら過ごしていました。

製品開発の決意

今まで会社勤めをしていた経験から、洗浄剤についての知識はありました。
「自分の知識を活かせば、少しでも良い方向に持っていけるかもしれない。」

そう思い立ち、既存品販売を通してオンラインでのテストマーケティングを行い、100人を超す消費者と1か月間コミュニケーションを重ね、多くの方が手荒の悩みを抱えていることを知ります。これだけ、文化が成熟し、色々な商品が出ている日本なのに。
これについて、違和感がありました。

環境、手肌の安全志向から生まれた食器洗剤

そんなきっかけから、お客様が安心して使えて、かつ市販の洗剤に比べて川の環境にやさしいオリジナルの商品をつくろう、と決心しました。

今回の製品は、食器用洗剤では一般的な、液体タイプではありません。そのため液体よりも泡立てる手間が少し増え、使う人が手軽さを追求することができないものとなります。しかし、ごく一般的な合成洗剤を‘薄めること’によって環境志向を謳っている市場にありがちな商品ではなく、川や海の水で自然に還る‘生分解’を考慮し、何より手肌にやさしく、食器の洗いあがりの良さまで求めることを決めました。

その成分の主役は、石鹸と重曹です。

この粉石鹸は通常の洗剤のように皮膚を通して体に染み込む「経皮毒」がないと言われており、重曹は磨く力の他にも石鹸の洗浄力を維持させる力を持っています。この二つの力を合わせることでヨゴレに負けず、手肌にもやさしい製品となりました。お試しサイズをお使い頂いた30人ほどの方々からは、「確かに慣れるまで泡立てが大変。でも慣れれば問題なく、悩み続けた手先のひび割れが治った!今後も使い続けたい。」というご意見をたくさんいただきました。

用途は食器洗い以外にも、重曹の磨く力で調理器具をピカピカにしシンクやグリルの汚れ、お風呂場掃除など、家中の磨き洗いに活用することができます。

今後、メルカリやヤフオクのライブコマースや通信販売を中心に販売し、この製品をコンセプトと共に広めていきたいと思っています。立ち上げたばかりの事業が軌道に乗るかどうか、不安はあります。しかし、まずは皆さんから必要としていただけると考えた道を、とにかく前進したいと思います。

商品開発を行い、本格生産するには原料調達量も大きくなり、当然ながらまとまった資金が必要となります。多くの方に、この製品を試していただくと共に応援を頂きたいと願い、カワサポさんのクラウドファンディングにチャレンジさせていただくことにしました。

この製品は、きっと支援者ご本人やご家族の手荒れの問題解決や、環境問題の緩和に繋がります。カワサポさんのプロジェクトにご興味をお持ちの方なら、市販で多く売られている製品の合成洗剤と石鹸の生分解性の差をご理解の上、その存在意義を認めていただけると信じ、お届けいたします。

御礼の品は、今回本格生産を目指す食器洗剤に加え、まずは私が身近な人のお肌の問題解決を意識して最初に製品化をした、無添加洗顔せっけんをお選びいただけるようにしました。お肌へのやさしさを追求するため、防腐剤や香料を添加せず、成分は、せっけん分のみ(製品にはその原料まで記してあります)。それでも使用感や安定性にも満足していただけるよう、良質な原料油脂を選び抜き、時間と手間をかけて焚きあげる、コールドプロセス(低温釜焚)製法を採用しました。

これは乾燥肌、敏感肌でお悩みの方にこそ、オススメの製品です。また、枠練り製法なので、悩み深い溶け崩れのリスクも低い製品です。また、トラブル肌のお子様(赤ちゃん)の全身用にも安心してお使いいただけます。皮膚科に通っているけどお肌がよくならない。そんな方には、一度お試しいただきたい製品です。

商品についての詳細は、「Natura Check」のヤフオクライブ配信にて直接お問い合わせください。リアルタイムでご質問に回答いたします。
※ライブ配信は情報に繊細であるため、「カワサポ経由で来た」という情報申告はご遠慮ください。

製品が手元に届いて使っていただいたときに、やさしさと使い心地を感じていただき、ご家族のほほえみが生まれることを願っています。



追記:2019/01/20

プロジェクト完了

本日まで、気にかけて下さった方、何よりご支援いただきました方、本当にありがとうございました。

103%でプロジェクトを終了することができました。
これにより、大量生産・在庫を実現する目途がたち、より多くの方に価格を抑えてご提供できることになります。より多くの方の手に届き、手荒れの問題を改善し、日本中の水質改善に少しずつでも役に立てたらと思い、これからも努力して参ります。
カワサポさんでは、今後も水質を考慮した環境志向の洗濯槽クリーナーや液体の食器洗いせっけんを商品かするにあたり、改めてプロジェクトでご紹介すると共に、団体ページで継続支援の返礼品としてもいくつかの製品を設定させて頂きたいと考えております。
今後ともNatura Checkブランドを、よろしくお願い致します。

追記:2019/01/12

自然の中で生きてきた私たち

我々人間は、自然の中で命を与えられてこれまで生きてきました。そのため、自然のものを食し、自然のものに包まれることを心地よいものとして遺伝子が知り、感じさせてくれます。

戦後、日本でも合成洗剤が‘便利なもの’として扱われ、それに日本中の国民が飛びつくように買い、使ってきました。食物も売れるものを追求することから、着色料や保存料などが当たり前のように使われるようになりました。その結果、現代の私たちの身体はどう変化したでしょうか。

昭和に合成洗剤が使われて、各地で水質が悪化し、川や湖が泡だらけになったことが目に見えた段階から、我々の身体も負担(汚染)を知り始めました。経皮毒(肌から化学物質を吸収すること)を続けることにより、川よりもゆっくり、しかし確実に化学物質を身体に溜めこんでいき、母体から子に受け継がれ、それが現代のアトピー人口割合を増やし続けていることが指摘されています。花粉症と同様、アレルギー物質になり得る合成成分は身体に蓄積することにより、限度を超すとアトピーなどの症状がではじめるわけです。このところファミリーレストランに行っても、当たり前のように食物アレルギーのお子様用メニューがおかれています。

川が泡だらけになったような、自然が「赤信号」を出したとき、我々は自分の身体にも危険が及んでいることに気づきたいものです。平成の時代に入っても、インフルエンザの流行をきっかけに殺菌の発想が流行り、必要以上に菌を殺すことで我々の身体も抵抗力を失いました。また、肌荒れが増え続けている背景にもなっています。
実は、純粋なせっけんだけでも除菌力があります。殺菌と異なり生きたままではありますが、菌を洗い流すことが可能です。こうした天然の素材を上手に利用することにより、我々が十分に安全な生活を送っていけることを知り、生活の中の’選択’を変えるきっかけにしていただけたらと思います。
こうした情報を日々掴んでいくことにより、水質や自らのお肌、健康を守る習慣を身につけていきましょう。

追記:2018/12/24

食器用粉せっけん専用(食器洗い)ネット

最近完成した、食器用粉せっけん専用(食器洗い)ネットのご紹介です。慣れるまで泡立てが難しい食器用粉せっけんではありますが、それでも手荒れに悩んでいらっしゃる方にどうしても使って頂きたい理由があり、商品を企画。慣れれば簡単に泡立てて使うことが出来ますが、それでも初めての方が泡立てをしにくいことを放置しておくわけにはいきません。粉せっけんという特徴に合い、少しでも使いやすいスポンジ代わりになるものを、ということで洗顔ネットをつくっている仲間が、その経験を活かして開発をしてくれました。

そもそも、安価なスポンジには出荷時のトラブルを防ぐ目的で、防カビ剤が大量に塗り(吹き)付けられているケースが多く、安全面における指摘もされています。また、食器を洗い終わった後に湿気を保ってしまうことによる菌の繁殖も防ぎにくい傾向にあります。

食器用粉せっけん専用(食器洗い)ネットについては、その問題をクリアすべく、当然ながら防腐剤を塗布せず、ネットをひっかけて乾かし衛生状態を保つことができるデザインとしました。紐部分についても「江戸打ち紐」を使用して乾燥をしやすく、ここでも菌の繁殖を抑える工夫がされています。更に、お皿を洗うときに粉を‘掴んでおく’こともでき、継ぎ足しの回数を減らせる上、スポンジより形状を変化させやすいネットだからこそ、細かい部分の汚れまでしっかり落とすことができるようになりました。

お肌と環境にやさしく、汚れもしっかり落とせる粉せっけんにもある弱点を、上手に補完するアイテムです。新しく返礼の商品にも加えさせていただく予定ですので、ぜひともご興味をお持ちいただけましたら幸いです。

追記:2018/12/13

’環境配慮’だけでは終わらない理由

こんにちは、GOプランニングの飯渕です。
これまでに、たくさんの方に支援をいただき、大変感謝をしております。12月13日時点で、目標の49%に至っております。
現在プロジェクトページで公開させていただいている食器用粉せっけんを含めたNatura Checkのラインナップについては、‘最も手肌が敏感な方にこそ使って頂ける’ことをコンセプトにし、強いこだわりをもって成分を選定しております。食器は口に触れるものだから、合成界面活性剤も不使用に。

 

今回の製品は環境負荷が少ないせっけん分と重曹を主成分として、その配合比率を慎重に検討を重ねて参りました。肌に刺激の少ない素材でありながら、使い心地を求めると洗浄力が強くなりがち。しかしそれは同時に、手への刺激も強くなってしまいます。このバランスが非常に難しく、手アレを起こしがちな方にも試していただき、たくさんの意見をいただきながら、今回の配合比率が決まりました。

 

環境に配慮していることをベースに、しかしそれだけでは既存製品と大差がないことになります。だからこそ使い心地や手肌への刺激性にまでこだわり、製品化にいたりました。ぜひ、慢性的な手アレに悩みがちな方に、安心してお使いいただけることを願っています。
次回の更新では、プロジェクトにも記した「慣れるまでは泡立てが難しい」点について、上手な使用方法をご紹介したいと思いますので、ぜひご覧ください。

追記:2018/12/13

’環境配慮’だけでは終わらない理由

「慣れるまでは泡立てが難しい」。これまでに食器用粉せっけんを30人ほどに試していただいたうち、こうした感想も目立ちました。そこで、上手な使い方について、大きく二つに分けてご説明します。

 

一つ目に、粉せっけんは固形せっけんと同じく、水の温度が高いほど、溶けやすくなります。したがって、上手に泡立てを目指すには‘お湯’を使うことが必須条件となります。使う水の温度で、全く泡立てのしやすさが異なりますので、ぜひこの点は知っておいていただけたらと思います。
お湯はこれから洗おうとする食器に少し溜めて置き、そこに粉をかけたスポンジ等を磨きつける方法がおススメです。

二つ目に、通常のスポンジではなく、専用ネットを使うこと。特殊な工夫がされたネット構造により、通常のスポンジよりも泡立てが簡単になりました。
‘食器用粉せっけん専用(食器洗い)ネット’については画像データが完成次第、こちらでUPいたしますので、後日ご確認をいただけましたら幸いです。

プロジェクトを支援してくれた人たち

カワサポーター さん 2019/01/20

どう流通に乗せていくか、という点は大変だと思いますが、頑張ってください。

青柳 佐知夫 さん 2019/01/20

頑張ってください!

青柳 佐知夫 さん 2019/01/20

頑張ってください!

青柳 佐知夫 さん 2019/01/20

行けるかな

とある支援者です さん 2019/01/18

頑張ってください!

雪ん子 さん 2019/01/18

とても熱意がある方だと文面から拝見し、是非支援させて頂きたく登録させていただきました。
お力になれれば!!

T2 さん 2019/01/18

本プロジェクトを通して、貴団体がさらに発展することを応援しております。何かサポートできることがありましたら遠慮なく仰ってください。

とある支援者です さん 2019/01/17

少しだけで申し訳ないですが、今後も引き続き応援しています!

あおいそら さん 2019/01/16

応援します!

スモーキン・ビリー さん 2019/01/16

初球ストレート!

このプロジェクトのサポーターになって活動を支援しよう!

目標額

100,000

達成率

103 %

期限

2019/01/20

支援する

このプロジェクトは期限までに目標金額以上集まった場合のみ、決済が実行されます

この団体について

  • 団体名称
  • 代表者氏名
    飯渕 弘成
    飯渕 弘成 代表者写真
    当事業所は、天然素材を主に使用し、環境負荷の少ない洗剤(食器洗い・お掃除用)や敏感肌や乾燥肌に悩む方向けのスキンケアブランド「Natura Check」(日本名:ナチュラチェック)の企画開発・販売を行っております。 ~川をきれいに保つためにできること~ これを念頭に洗剤を作り続けていきたいと思います。 ぜひ応援の程、お願い申し上げます。
  • 活動流域
    荒川流域

最近の支援者

カワサポーター さん 2019/01/20

どう流通に乗せていくか、という点は大変だと思いますが、頑張ってください。

青柳 佐知夫 さん 2019/01/20

頑張ってください!

青柳 佐知夫 さん 2019/01/20

頑張ってください!

カワサポ団体募集!
カワサポ地域ーパートナー募集!