NPO法人泉京・垂井 カバー写真
  • 団体名称
    NPO法人泉京・垂井
  • 代表者氏名
    河合 良太
    河合 良太 代表者写真
    こんにちは。泉京・垂井事務局長の河合良太です。 泉京・垂井(せんと・たるい)は、垂井町を中心とした西濃圏域、揖斐川流域での地域づくり活動を日々実践しています。垂井の至るところから湧き出る泉のように、住民活動がこんこんと湧き出るまちづくりに取り組んでいます。      
  • 活動流域
    木曽川流域

団体支援

この団体のサポーターになって活動を支援しよう!

支援する

幸福度の高いまち・垂井を目指して

泉京・垂井(せんと・たるい)は、垂井町を中心とした西濃圏域、揖斐川流域での地域づくり活動を日々実践しています。垂井の至るところから湧き出る泉のように、住民活動がこんこんと湧き出るまちづくりに取り組んでいます。

岐阜県不破郡垂井町で2005年11月に産声をあげました。「垂井町に暮らす住民誰もが垂井町のまちづくりに自ら参画し、行政、事業者・企業などと協働して、より“幸福度の高いまち・垂井”を実現する」ことを目的として、活動しています。

垂井の水を次世代につなげる

垂井は揖斐川の支流である相川によって形成された扇状地で発達しました。山あいから平地まで変化にとんだ地形は、ため池やマンボ、清水や湯壺など独特の水文化を作り上げ、人々の生活や農業を支えてきました。

垂井町における住民活動が、太古の昔より垂井の地に沸き続ける泉のように、滾滾と力強く展開されるように、との思いと、歴史と文化・環境を大切にする小京都を目指すとの意気込みから、名称を「泉京・垂井」としています。

 

穏豊(おんぽう)社会の実現

地域資源を活用し、揖斐川流域で持続可能な循環型社会を作ることを目標に地域づくりを行っています。

持続可能な流域内循環型社会を、穏やかなことは豊かなことであるという意味で穏豊(おんぽう)社会と名付け、その実現を目指しています。

それはきっと、うばったり、うばわれたりしない、環境にやさしい、人にやさしいちょっと、めんどくさいかもしれないけど手間や時間をかけた丁寧な暮らしがある社会なのだと思います。

 

穏豊社会実現のために私たちは、まちづくりの推進、環境の保全・エコライフの推進、涯学習・多文化共生の推進を行っています。「まち」や「流域」や「世界」とつながりながら、地域の資源を「つむぎ」「いかし」「まなびあうこと」を大切にしています。

【地産地消とフェアトレードの推進】
毎年5月頃に行われる、岐阜県最大のフェアトレードと地産地消の啓発イベント「フェアトレードデイ垂井」の実行委員事務局、街中でフェアトレードを応援する「フェアトレードタウン垂井」推進の活動、地産地消やフェアトレードの商品を扱う「フェアトレード&地産地消みずのわ」の運営、お話会やワークショップの実施をしています。

 
 

【流域をめぐるエコツアーやまちあるき】
まちや流域にある素敵なものをつなげるために、揖斐川流域の上流から下流の地域づくりの現場を回る、エコツアーや、垂井の水文化、水環境をめぐるまちあるきを実施しています。

 

【人材育成・研修受け入れ】
地域づくり、政策提言などを行う人を育てる人材育成講座や、大学・NGO・NPOなどの研修受け入れ、コーディネートを実施しています。

 
 

この他にも、ゴミ減量化事業、地産地消のマーケット、多文化共生事業などを実施しています。


みなさんも、垂井町や揖斐川流域でのまちづくり活動に一緒に取り組んでいきませんか?

地域に根差した活動はもちろん、海外ともつながるグローバルな課題の解決に向けた様々な取り組みを行っていきます。

ご協力をよろしくお願いします。

団体支援

この団体のサポーターになって活動を支援しよう!

支援する

!! 注意 !!

こちらの団体支援はプロジェクト支援とは違い、毎月支払いの継続支援となりますのでご注意下さい。
詳しくはコチラを参照ください。

団体支援

この団体のサポーターになって活動を支援しよう!

支援する

この団体について

  • 団体名称
    NPO法人泉京・垂井
  • 代表者氏名
    河合 良太
    河合 良太 代表者写真
    こんにちは。泉京・垂井事務局長の河合良太です。 泉京・垂井(せんと・たるい)は、垂井町を中心とした西濃圏域、揖斐川流域での地域づくり活動を日々実践しています。垂井の至るところから湧き出る泉のように、住民活動がこんこんと湧き出るまちづくりに取り組んでいます。      
  • 活動流域
    木曽川流域
カワサポ団体募集!
カワサポ地域ーパートナー募集!