一般社団法人 ClearWaterProject カバー写真

カワサポ通信

カワサポ通信、最初はカワサポを運営する我々、一般社団法人ClearWaterProjectのメンバーからです。

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
■お雑煮事情教えて!(各メンバー出身バラバラなので)
■2017年の抱負

これらを各メンバーそれぞれからの発信でお伝えします!

KSTってなに?という方はこちらをご覧ください。
http://clearwaterproject.info/2017/01/05/3275


ClearWaterProject メンバーからの発信

代表理事 瀬川貴之

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「増」
人もやれることも増えてきて、最初の2年より確実に進んでいる感は持てたため。
浮足立たず新年もしっかりと。

■お雑煮事情教えて!
大阪出身なので白みそ。
具材は丸餅・里芋・金時人参 が定番です。
これは美味い!!実家帰りの半分はこのために帰っていると言ってもいいレベル。

■2017年の抱負
推進と巻き込み。
つりチケ、川遊びマップ、カワサポ。
今までやってきたことがやっと芽吹いてきたため、これをさらに進められるように押し続ける。
一緒にやってくれる人も募集しています。

*****************

田中五月

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「釣」
今年はClearWaterProjectで、超簡単に遊漁券を買えるサービス「つりチケ」を作り、毎週末のようにテンカラ釣りに行き、釣りの一年でした。来年にはどちらも成果が花開く予定で楽しみです(^^

■お雑煮事情教えて!
ブリです。私の故郷は長崎で、長崎の雑煮と言えばブリ。
あとこんがり焼いて焦げ目がついた白餅とかつお葉が入っています。
個人的には、ブリよりも雑煮に溶けだす白餅の焦げた部分が好きです。
とても風味がいいんですよね~。

■2017年の抱負
We create a 漁協.
来年は漁協を作るために奔走します。
ClearWaterProjectは子供達が目を輝かせて飛び込んでいくような川を作っていくための中間支援組織ですが、やっぱり直接的なこともやりたい。つりチケで全国の漁協をまわっていると尚更そう感じます。
年末、愛知県庁に行くと「現実的にはかなり厳しい」と言われたのですが、もともと簡単に進むとは思っていないし、チャレンジです(^^
楽しみですねー。
漁協を作って、子供達が大喜びするような川を作る。
全国に新しい漁協の運営スタイルを提示する。

*****************

越澤広幸

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「挑」
新しい仲間が増え、つりチケという新しいサービスをリリースし、新しい部門を立ち上げ、日本を飛び回るメンバーもいて、会社として多くの新しい挑戦をしてきました。
また、個人としても一人旅をしてみたり、ダイビングのライセンスを取ったり、新規事業の立ち上げに参画したりと、チャレンジの多い一年でした。
成功も失敗もありますが、今後も新しいチャレンジをどんどんしていきます。

■お雑煮事情教えて!
兵庫県出身。
昆布とかつおだし、合わせ味噌と白味噌がベースです。
大根、金時人参、里芋、薄揚げ、椎茸、丸餅、豆腐、ネギ等具沢山です。
里芋を入れるととろみがでるのがポイントです。
丸餅は毎年家で大量に作る自家製餅を使います。
肉がないのが珍しいかもしれませんが美味しいですよ♪

■2017年の抱負
自炊することです!一人暮らしで外食が多くなりがちなので、2017年は自炊をしっかり頑張ります!
できれば事務所内で昼食を作る文化を作りたいですね!

*****************

伊藤 匠

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「釣」
(川釣り業界について突然詳しくなったから)

■お雑煮事情教えて!
もち菜、かつお節だけ。餅は焼かない。すまし汁で。毎日食べてもいいくらい好き。愛知県出身。

■2017年の抱負
ガサガサでズナガニゴイ、アブラヒガイ、シロヒレタビラ、イチモンジタナゴを採る。
住んでいるエリアの魚はほぼ採ったから、琵琶湖・西日本エリアの在来種に挑戦する。

*****************

三沢良太

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「祝」
親の引っ越し、出産(兄弟のだけど)や友人の結婚が何組もあった件で。
なにかといわいごとがあったなと。

■お雑煮事情教えて!
すまし汁に白菜、しいたけ、人参。
餅は焼いたのをいれるよ!
愛知県出身。

■2017年の抱負
引っ越しします!
事務所が手狭になってきたので、会社の事務所を引っ越ししようかって話が出てることと、自宅も結婚前と同じアパートなのでもうすこし広い家に引っ越したい。
2016年には決まりきらなかったので、今年こそは必ず。

*****************

木曽克之

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「餃」
辛いとき餃子を食べて頑張りました。
餃子摂取量は一生で一番多いと思います。

■お雑煮事情教えて!
おすまし、お餅と穴子とかまぼこと人参が入ってます。
実家は神戸ですが、母は大阪生まれなのでどっちの風習かはわかりません。

■2017年の抱負
昨年は初めて体験することが多くあっという間の1年でした。
2017年もそんな感じになりそうな予感がしているので出来ることを増やしながら頑張っていきたいと思います。

*****************

新実光平

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「苦」
今年は色々苦しかったのです!!

■お雑煮事情教えて!
私の出身は愛知県の三河地方ですが、三河地方のお雑煮は非常にシンプルです。
味付けは鰹ダシ醤油で、具材はお餅と小松菜だけです
他の味付けも具材も必要ありません
あと、お餅は焼きません。。焼くのは邪道です。。。

■2017年の抱負
今年はCWP1年目でしたが、2017年からは2年目になり最早新人ではなくなりますので
ビシビシ頑張っていきたいと思います!!
今年はわからないことが多すぎて人によく質問ばかりしていましたが
来年は質問される側になれるようになりたいです!

*****************

岡本亮太

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「転」
10年ぶりくらいに、故郷に戻ってきて心機一転。
CWPへ転職し、新しい仕事に就き
子どもが生まれ、新しい感覚と、迎えた人生の転機。
気持ち新たな一年でした。

■お雑煮事情教えて!
父親が大阪出身ということで、我が家の雑煮は白みそ仕立て。
赤みそ大好き愛知県出身の僕にはこれは受け入れられず、年に一度の雑煮が僕はとっても苦手です。
でも嫁さんの実家は関東。そちらの、おすましの雑煮はおいしい。

■2017年の抱負
生まれたばかりってのもあるけど、子どもといっぱい遊びたいな。
遊びを通して、少しずつ父親らしくなっていきたいな、そんな思いも込めて。
遊べる時間を作るために、仕事も含めていろんなことを工夫する、楽しむ。それが抱負かな。

*****************

森川拓史

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「刈」
2016年は、子供にせがまれて刈谷ハイウェイオアシスへ10回以上遊びに行きました。
刈谷のハイウェイオアシスは、高速SAでもありますが一般道路からも入れるようになっています。
子供向けの遊具やちょっとしたアトラクションが多く、いろいろ楽しめます。
朝11時ごろを過ぎるとかなり混雑してくるため、9時頃に到着して(駐車場は停め放題!)、混んでくる11時ごろには休憩して帰るのが鉄板です!

■お雑煮事情教えて!
地元:愛知県豊田市
東三河の雑煮です。餅は、年末に自分たちでつきます。

■2017年の抱負
2017年はDIYに取り組みます。
自宅の庭に砂場を作成しているのですが、自分たちで好きなように作れるというのはかなり楽しいです。
3歳の子供と一緒に木の枠にペンキを塗ったりしています。
砂場遊びが大好きで、その砂場を自分で作れるとなると目を輝かせてやりたがります。
子供の砂場だけでなく、自分が快適に過ごせる庭をDIYで作っていこうと思います。

*****************

小林大地

■2016年を漢字一文字で振り返ると?
「歩」
学生から一歩踏み出して、社会人が始まり、わからないことだらけだけども、一歩一歩やるしかない。
ということで「歩」です。

■お雑煮事情教えて!
長野県出身です。
・出汁は醤油ベースのすまし汁
・餅は角切りの餅
・具は人参と鶏肉
・最後に実家の庭で摘んできた三つ葉を添えて完成

■2017抱負
『妄想を現実に』
実は高校生の頃の夢はヘリコプターのパイロットだった私ですが、今パイロットといえば「ドローンパイロット」が激アツです。かのAM●ZONさんもドローンを使用して配送を開始するとか、しないとか。
そして私達CWPも実は結構良いドローンを持っているのです。用途はサービスの一つ「つりチケ」で販売漁協の管轄する河川の動画を撮影するためにです。
私はCWPのドローンを操縦して河川動画を撮りたいと妄想、いやいや現実にしたいと思っております。

  • 団体名称
  • 代表者氏名
    瀬川 貴之
    瀬川 貴之 代表者写真
    私たちは「子供たちが目を輝かせて飛び込んでいくような川、海、湖を未来の世代に」をミッションに「豊かな水辺環境と水辺文化を創出する」事を目指す中間支援団体です。皆が集いたくなる水辺を皆で作りましょう!
  • 活動流域
    天白川流域

この団体について

  • 団体名称
  • 代表者氏名
    瀬川 貴之
    瀬川 貴之 代表者写真
    私たちは「子供たちが目を輝かせて飛び込んでいくような川、海、湖を未来の世代に」をミッションに「豊かな水辺環境と水辺文化を創出する」事を目指す中間支援団体です。皆が集いたくなる水辺を皆で作りましょう!
  • 活動流域
    天白川流域
カワサポ団体募集!
カワサポ地域ーパートナー募集!